ネコの死を迎えたときに

ネコの死を迎えたときに

SPONSOREDLINK

飼い猫の死、手厚く葬ってあげたい

家族の一員となって、いつも側にいた猫も、寿命を迎えてお別れをするときが来ます。
猫の寿命は人間よりはるかに短いので、別れの日がくることを覚悟していたはずでも、いざその時がくるととても悲しいものです。

一緒にあそんだり、いたずら盛りもなつかしい想い出となり、お別れのときをむかえたら、手厚く葬ってあげたいものです。

庭のある家では、庭にお墓を作ってあげると、亡くなってからも、その子が居た事をいつも思い出せます。猫を庭に葬るときは、土に返りやすいように布などでくるんで、なるべく深い穴を掘って埋葬します。

犬などが掘り返さないような場所で、猫がゆっくり休める場所にお墓をつくってあげましょう。ビニール製のものは土に返らないので、遺体をくるむときは、ビニール製の物では包まないように気をつけてください。

猫の名前や亡くなった日などを書いて墓標にします。お線香とお花で、供養してあげましょう。

●役所で火葬をしてくれることも

マンションなど、庭のない環境で猫が亡くなった場合は役所でペットの火葬の手配をしてくれます。野良猫の場合はゴミ扱いで市役所や区役所が処理しますが、長年家族で暮らした猫をゴミ扱いにはできません。

費用は少しかかりますが、飼い猫であることを伝えると、それなりに処理をしてもらえます。
また、ペット専門の葬儀屋さんもあるので、そこで火葬してもらい、永代供養をお願いすることもできます。

ペット霊園へ埋葬することもできますし、骨を家に持ち帰って、家で供養することもできます。
それぞれ、ペット葬儀屋さんが紹介してくれますので、飼い主の気が済む方法で最後のお別れをすれば良いと思います。

SPONSOREDLINK

ペット霊園には、3種類の埋葬方法があります

まず、ペットが亡くなったらペットの葬儀屋さんへ連絡をして、家へ来てもらうか、葬儀社へ遺体を持ち込みます。御焼香・献花をして最後のお別れをします。

個別火葬が行われ、四十九日までは納骨堂に安置。その後メモリアルパークに埋葬されるという流れになります。

1.合同火葬

合同葬では他のペットと一緒に火葬してくれるもので、霊園の人が家まで迎えにきてくれ、そこでお別れをします。火葬に立ち会ったり、遺骨を持ち帰る事はできないのですが、霊園できちんと供養してくれます。

2.個別火葬

火葬する場所へ行き、家族立ち会いの下で火葬になります。火葬前に最期のお別れをして、骨上げも家族で行えます。遺骨は自宅に連れて帰る事もできるし、納骨・埋葬をすることもできます。

3.個別火葬・個別埋葬

個別火葬が終わり、お骨を骨壺に収めたら、墓地への埋葬か納骨堂へ収めるかが選べ、ペット霊園で供養をしてくれます。供養は永代供養を頼む事もできるし、初七日、四十九日(三十五日のばあいも)の法要も行われます。

愛猫のために家族が一番良いと思える方法で葬ってあげてください。