ネコと自動車でお出掛け

ネコと自動車でお出掛け

SPONSOREDLINK

自動車に慣れていないネコは基本的に怖がる

猫を自動車に乗せる場合は、獣医さんへ連れて行くときや、ちょっとしたお出かけ、旅行などの時が考えられます。

小さいときから猫を自動車に乗せていると、猫も慣れて車酔いをしなくなるようですが、めったに車に乗せた事が無いのに、長時間車での移動を強いると、猫にとってはとても苦しいものになります。

車の振動は、普段の生活には無い特別な刺激ですから、嫌がってちょっとしたスキをみて逃げ出してしまうこともあります。そのまま行方不明になったりしないように、乗せるときは十分に気を配ってあげましょう。

キャリングバッグを使っての移動が一番安心ですが、長旅になる時は、時々休憩を入れて、首輪とリードをつけて外へ出してあげるようにしながら移動すれば、猫のストレスもかなり減らす事ができます。

移動中は、身体が左右前後に揺れるものです。キャリングバッグの中は、猫の身体がある程度安定するように、タオルなどで固定し、座席の上の安定した場所に置くようにします。できれば風通しの良い環境をつくってあげれば、車酔いも少なくなります。

キャリングバッグの準備ができていないのに、どうしても猫を車に乗せる必要がある場合は、首輪とリードを着け、後部座席で誰かにだっこしてもらい乗せましょう。

車内をうろうろさせると、運転にも支障をきたす事も考えられるし、開け放した窓から飛び出して事故に合ったり、迷子になったりといった不幸な事が起きないように、注意してください。

春や夏で閉め切った車内が高温になる場合は特に、エンジンを切った車内に一人で残して車を離れるような事のないようにしてください。

人間の子供でも、車内に長時間乗せられたままで事故になり、ニュースになるようなこともあります。猫はもっと弱い動物ですから、熱射病などで猫を亡くすような事にならないように、十分気をつけてください。

SPONSOREDLINK

ネコは揺れに敏感だから安全運転を心がけよう

キャリングバッグに入れた猫は、自動車の後部座席の上に置くようにします。
下に置くと、熱と振動が身体に直接響き、さらに酔いやすくなります。窓も少し開けて外の空気が入るようにしてあげると良いでしょう。

出発の数時間前に食事は済ませておき、移動中には食事をさせないようにしましょう。多少長い道のりなら、時々休憩時間をとり、水を与えるだけにします。食べ物を与えると、車酔いをしてしまうことがあるので、我慢してもらいましょう。食べ物を与えると、かえって具合が悪くなります。

キャリングバッグが準備できない状態で移動する必要が出たときは、首輪とリードをつけて、後部座席の人に抱いてもらうようにします。