ネコのノミがどうしても退治できない時に

ネコのノミがどうしても退治できない時に

SPONSOREDLINK

ノミ退治の基本はとにかく掃除をすること

●細かい白い球はノミの卵かも

ノミの生命力はかなり強いものです。シャンプーやコーミングなどと、いろいろ手を尽くしても、いつの間にかまたノミが発生して、猫が痒がっていることもあります。猫は、外出先からもノミやダニを身体につけて帰ってきます。

ノミは生命力が強烈で、つねに産卵を繰り返しています。プチっとした小さな白い球が猫の寝ていたあたりに落ちていたら、それはノミの卵です。黒い粒はノミの糞で、この糞もノミの餌となり、大量発生することが予測で来ます。

とにかく部屋の掃除を行き届かせ、すべてのノミを取除く気持ちできれいにしましょう。

●ノミはホコリの中でも生き延びます

ノミは強い生命力で猫の血を吸い、猫の身体で交配を繰り返し、1日に20~50個のたまごを産みます。猫のベッドの下や家具の隙間など、暗くてホコリっぽいところに転がっていたたまごは2~20日で幼虫になり、ゴミやノミの糞を食べて成長します。

家の掃除を隅々まで行う事で、ある程度駆除できるので、毎日の丁寧な掃除は欠かせません。
ノミはほ乳動物が出す、二酸化炭素に反応して飛びついてきて、猫の皮膚上でたまごを産み、成長を繰り返します。

プチっとした小さな白い球が猫の寝ていたところに落ちていたら、それはノミの卵。黒い粒はノミの糞です。見つけたら、すぐに掃除をして排除していくしかありません。

SPONSOREDLINK

●掃除機をした後の後始末が大切

掃除機をかけて折角駆除したノミも、そのままでは掃除機の中で成長を続けます。
掃除機の後中のゴミを完全に始末することが大切です。

まず、吸い取り口には殺虫スプレーをかけ、ノミの出口を封じてから、中のゴミを素早く処理します。ゴミは、隙間からノミが出ないうちに焼却したいものですが、最近は庭先で焼却するこは禁じられていますので、ゴミ出しするしかありません。

掃除機のゴミフィルターにも、ノミがたくさんひっかかっていることもあります。これは、洗剤を入れた水を用意し、そこにフィルターをつけて殺してしまいましょう。ゴミフィルターをそのままにしておくと、またノミが発生します。気をつけて処理しましょう。

●ノミ専用の殺虫プレートもあります

ノミは、春から夏にかけて、大量繁殖するので、暑い夏がくる前に、部屋の掃除を徹底して繁殖をおさえるようにしましょう。

獣医さんや薬局では、殺虫プレートも売っています。獣医さんで買うときは、処方箋が必要になり、薬局では印鑑が必要になります。この殺虫プレートを、畳やタンスの下に入れるのも効果があります。また掃除機の中に細かくして入れておくと、吸い込んだノミも退治できます。

ただし、殺虫スプレーと同じように、刺激が強いので、子猫や病猫がいる場合は猫が近づかないように注意しましょう。