自由気ままなネコが嫌がること

自由気ままなネコが嫌がること

SPONSOREDLINK

ネコは構われ過ぎは嫌がるけど放っておかれると寂しがる

●ネコの構いすぎはストレスの原因になる

猫は気ままで、自由な生活をする生き物です。可愛いからといって家族で入れ替わり立ち代りに、猫を構いすぎると猫も休まる暇がなくストレスの原因となります。

とくに小さな子供のいる家庭では、生き物という認識が少ない子供が、猫を遊び道具として扱うと、猫にとってはとても迷惑な話しです。あまりにかまいすぎると、人間に対して不信感を抱き、近づくだけで、シャーと怒ったりするようになったり、性格がゆがんでしまうこともあります。

ストレスがたまると、猫はそれまで人との付き合いの中で問題無く過ごせていたのに、トイレ以外の場所でおしっこをしてみたりなどの異常行動を始めます。
おもしろがって、ヒゲやシッポを引っ張ったりするのも嫌がる行為なので、させないようにしましょう。

猫の自由を尊重して眠っているのを無理やり起こしたり、嫌がる猫を抱いたり、おもちゃ代わりにいじりすぎたりさせないように子供としっかり話し合って、猫の自由を奪わないようにしましょう。

●人の愛情不足にも弱いネコ

気ままで自由な猫は、時にはとっても甘えん坊になります。自由が好きだからといって、あまり放ったらかしにして、かまわないというのも考えものなのです。猫のほうからスキンシップを求めてきたら、やさしく抱き上げてさすったりして愛情表現をしてあげましょう。

猫が一人でお留守番していたときも、帰ったら「ただいま、なにして遊んでたの? いい子にしてた?」などと声をかけてあげましょう。

大切なのは猫がどうして欲しいのか、どんなことが好きなのかを判断し、猫の欲求をよく汲み取ってあげることです。人にも人格があるように、猫には猫格があることを理解して、人間の勝手な行動の犠牲にならないようにしましょう。

SPONSOREDLINK

ネコは水が苦手で水の側には近づかない

猫は体毛や皮膚が水に濡れる事をとても嫌います。

いったん水に濡れると乾きにくく、乾くときの気化熱で体温を奪われるために冬は風邪をひいてしまうこともあります。また、暑い時期は自分で体中をなめてセルフグルーミングするのは毛の手入れと同時に濡れた毛が乾くときの気化熱で身体を冷やしているのです。

猫が風邪をひくと、命とりになることもあります。猫が水を嫌うのは、体温を奪われるのを防ぐためというのがその理由です。トイレや食事の場所が濡れているだけで、近づかないこともあるので、猫の生活の場所はいつも乾いた状態になるようにしてあげましょう。

もちろん、シャンプーも苦手なものですが、人と一緒に生活する中では、シャンプーも必要になってきます。小さいときからシャンプーの習慣をつけておくようにすれば、好きになるということは難しいですが、シャンプーのときに大暴れしててこずるようなことは無くなります。