ネコから人間にうつる病気

ネコから人間にうつる病気

SPONSOREDLINK

猫がひどい風邪を引いても人間にはうつりませんし、人間のインフルエンザは猫にはうつりません。しかし、注意しないとうつる病気もあります。

たとえば、飼い主が野山を歩き回ってノミやダニが衣類などに付着して帰宅し、猫にうつしてしまうことはあるので注意しなければいけません。

それ以外では、猫のほとんどが、口の中に病原体を持っているため、飼い主が最も注意しなければいけない病気として、「パスツレラ症」があります。

イヌやネコにかまれたり、ひっかかれたり、なめられて感染するもので、傷の周りが赤く腫れて激しく痛んだり、鼻や口から感染して、風邪に似た症状が出て、副鼻腔炎や気管支炎になることもあります。治療は抗生物質が効くので普通は1週間ほどで治ると言われています。

猫のフンから感染する「トキソプラズマ症」は、抗体をもたない妊婦が初めて感染すると、まれに胎児に影響することがあります。

胎児が感染した場合、死産や流産を招いたり、神経・運動障害をひき起こすこともあるので、妊娠を考える人は猫を飼わないようにと言われていましたが、猫にきちんとワクチンを接種していれば問題は起きません。

猫にいるおなかの虫(内部寄生虫)が人に感染する場合もありますが、これは卵が口に入ることで感染する経口感染、虫が皮膚を食い破って侵入し感染する経皮感染などで、猫に噛まれたり引っ掻かれたりして感染する菌もあります。

猫とのスキンシップのつもりで、気軽にキスしたりして、経口感染することもあるので、注意が必要です。それぞれの病気の感染経路を知って感染の危険を減らしてください。

猫やその他の脊椎動物と人の両方に寄生したり感染したりすることを人畜共通感染症と言い、感染している動物と直接接触したり、糞や毛垢などを介して再感染が起きることがあります。

猫に口移しで食べ物を与えたり、手についた糞が何らかの影響で体内に入ると発病します。人畜共通感染症の診断や治療の方法もいまだに確立していないために制圧が難しいものです。

この人畜共通感染症で有名なものに、狂犬病があります。また、オウム病や鳥インフルエンザなどもこの人畜共通感染症です。

SPONSOREDLINK

●トキソプラズマ

猫の人畜共通感染症で一番有名なものがこのトキソプラズマです。人間が妊娠しているときに移ると、胎児が奇形として産まれる事があるので、妊娠したら猫は飼うべきでは無いと言われていましたが、実際は、初期感染にさえ気をつけていれば、妊娠した人が猫を飼っても心配ありません。

また猫を飼っていると、免疫が自然にできて簡単にはうつらないようになります。
対処法の一つとして、猫の便は早めに片付けるようにし、トイレをよく消毒して、食事をするとき、よく手を洗えばまず大丈夫です。

子猫に感染すると死ぬケースが多く、食欲がなくなり、熱、下痢、黄疸、呼吸困難などの症状が出たら、すぐに獣医さんに連れて行きましょう。

●ノミ刺咬性皮膚炎

猫についたノミが、人に移り血を吸うと、皮膚炎をおこす事が有ります。噛まれた後はかゆみがあり、小さな発疹が残ります。

対策としては、ノミの徹底駆除をすることです。猫のブラッシングやシャンプーをまめに行い、ノミ駆除用の液体を猫の背首につけ、まず猫のノミを胎児しましょう。

●喘息と猫

子供が喘息になったから、猫が飼えなくなったという家庭があります。実際には、アレルギーによる喘息の原因は、猫や犬の毛よりも、食べ物や家のゴミ、ホコリ、カビ、ダニ、花粉、スモッグや紫外線など、生活環境そのもののほうが多いのです。

動物が居るから喘息の発作が起きたと一概に決めつけずに、生活環境をよく観察して、喘息に至る原因を探ってみて欲しい物です。どうしても動物によるアレルギーだと解れば、猫の進退を考えなければならないでしょう。