ペット保険に加入しておくと安心

ペット保険に加入しておくと安心

SPONSOREDLINK

ネコと飼い主のためのペット保険

猫が病気やケガで獣医さんに診てもらう場合、かなりお金が掛かることになります。
飼い主の負担を軽減するために、ペット保険を取り扱っている保険会社も増えてきました。

ペット保険の必要性については、飼い主の方次第ですが、参考までに少しだけ詳細を紹介してみます。ペット保険は1年間の掛け捨てタイプですが、治療費が高額になるために加入する方も増えているようです。

たとえば骨折して、入院手術が必要になった場合を例に挙げると初診料、入院費、点滴、血液検査、レントゲン、レーザー治療、麻酔、手術で、合計26万円もの費用がかかります。

ペット保険では、保険料が諸条件によってちがっており、マイクロチップを入れている猫かどうか、治療費の50%を自己負担にするか、30%を自己負担にするかなどで保険料が違います。

たとえば、アビシニアンの生後1歳を加入させようとした場合、賠償責任特約なし。マイクロチップ装着済みだと、33,530円(治療費の3割が自己負担)か、25,550円(治療費の5割が自己負担)という結果がでます。(アニコム損害保険、ペット保険より。2013年調)

SPONSOREDLINK

現在ペットの保険を扱っている会社は、アニコム損保、ベッツベスと、ペット&ファミリー、もぎゅっと、日本アニマル倶楽部、ペットメディカルサポート、アクサダイレクト、アイペット、日本ヘットなどがありますが、それぞれに商品の規定と保険料が違うので、加入を考える場合は比較検討されることをお勧めします。