ネコのストレスとその解消法

ネコのストレスとその解消法

SPONSOREDLINK

ストレスの原因と異常行動

猫は、一見クールで、物事に動じないような素振りをしますが、環境の変化を、とても敏感に察知している動物です。とくに飼い主の感情の変化は、すぐに気づきます。

新しい猫が家猫としてやってきたり、飼い主の個人的は変化で猫への関心が薄れたと感じると、いろいろな異常行動をするようになります。

また、騒々しい家だったり、引越があったりして住む環境が変わったりすると、猫はストレスを感じます。

叱られるのをおもしろがって、わざと粗相をしてみたり、家の中を走り回り、飛び回って棚の上の大事なものを壊したりすることもあります。

あるいは、必要以上のセルフグルーミングに余念がなくなり、かなり神経質に行う事で、毛が抜けたり、短くなったりするのも、ストレスに寄るものです。

人が猫に対して、あまり勝手な構い方をしていると、人間に敵意を抱くようになり、攻撃的な性格になってしまう猫もいます。

猫のストレスは、飼い主の責任がかなり大きく影響するものです。猫の構い過ぎからもストレスは起きます。愛情不足や放ったらかされる事でもストレスを感じます。

小さく繊細な動物であることを理解して、いつも愛情をもって接してあげてください。そうすると猫もストレスを感じる事無く、幸せに暮らしていけるものです。

SPONSOREDLINK

状況によるストレスの解決法を考えよう

マンションのひとり暮らしや、家族みんなが毎日外出する家庭では、猫は長い時間ひとりぼっちになります。外に気ままに遊びに出て行ける環境の猫ならさほどのこともないでしょうが、1日中一人で飼い主の帰りを待ち続ける猫は淋しい思いをしているものです。帰宅したら、声をかけたり、遊んだりして、たっぷり可愛がりましょう。

場合によっては、もう一匹猫を飼うのも良いかもしれません。ひとりぼっちの感覚から仲間が居る事でかいほうされ、淋しさも半減するはずです。猫は、飼ってしまえば、一匹も二匹もさほど手間に違いはないものです。

その場合は相性の良い猫を選ばないと、かえってトラブル発生ということにもなるので、猫の気持ちをよく理解して相性の良さそうな相棒を探してあげましょう。

猫は、自分も家族の一員と思っています。人の生活の変化、たとえば結婚や出産などで家族が増えたりという変化があっても、猫のことがおろそかにならないように、いつも気遣ってあげてください。

わざと粗相したり、悪戯したりするときは、何かの合図を送っています。あまり騒ぎたてたり、叱りつけたりせず、常に冷静に対処してあげましょう。

構い過ぎで攻撃的になってしまった猫は、飼い主に責任があります。猫の飼い方に問題がなかったかをきちんと反省して、接するようにしましょう。