ネコによくある病気について

ネコによくある病気について

SPONSOREDLINK

寄生虫やノミによる病気があります

猫の寄生虫には、条虫、回虫、耳ヒゼンダニなどがあります。

●条虫症

条虫症は、サナダムシが猫の体内に寄生し、下痢や嘔吐などの症状を引き起こすことのある病気です。日本では10種類以上の条虫が猫に寄生します。

猫が、お尻を床にこすり付けて歩くようなら、肛門を調べます。小さな米粒のようなものがついていたら、それは条虫が切れて、排泄されたものです。

条虫は、ノミを媒介にして感染します。獣医さんで虫下しを処方してもらいましょう。

●回虫症

回虫は、猫の小腸に寄生して、猫が食べた食物の栄養分を食べて成長する寄生中です。成猫の場合、軽い下痢があったり、食べても太らず、痩せていったり、毛のツヤがわるくなります。子猫の場合は発育不良となることが多く、ひどくなると腸閉塞を起こす事もあります。

回虫はミミズに似たもので、大きさは3~10cmの糸のような寄生虫です。回虫のメスは1日に10万個から25万個のたまごを猫の小腸に産み落とし、一旦は便と共に体外に排出されますが、排便後の便を猫や人が触ると、手指を通じて人や猫の体内に入り込み成長を続けます。

回虫が体内に居ると、食欲不振や下痢、嘔吐、腹痛、体重減少などの症状があり、嘔吐したときには細い糸のような回虫を吐き出す事もあります。

●耳介せん症

猫の耳の中に黒い垢が詰まっているのは、ミミヒゼンダニのせい。猫は痒がって、頭を振ったり、耳をかきむしったり、耳を物にこすりつけたりします。猫の外耳道に寄生して発症します。

ダニは接触感染するので、母猫が感染していると子猫にも移ります。治療には抗炎症剤や抗生剤が含まれた点耳薬の塗布が効果的です。

SPONSOREDLINK

皮膚病に関する病気もあります

●ノミアレルギー性皮膚炎

皮膚病(皮膚炎)にかかる猫が増えています。皮膚病にかかると、ひどい症状が出て、かゆみ、抜け毛、発疹などに悩まされるため、猫にとっても辛い病気です。

猫の皮膚病の原因には、ノミ・ダニなどの寄生虫によるものや、カビ、ウイルスなど外から入って来ることが原因のものや、アレルギーやストレス、ホルモン異常などの場合もあります。

ノミにさされておこる皮膚炎です。ノミの繁殖期の春から夏にかけてよくおこります。猫は、痒がって激しく体をかきむしって毛が抜け、ひどくなると湿疹ができます。

対策としては、徹底的なノミ退治をすることですが、ひどい場合は獣医さんに治療をお願いするのが近道です。

●介せん症

耳介せん症同様、猫小穿孔疥癬虫というダニが原因でおこる皮膚炎ですがそれほど多い病気ではありません。不衛生な状態で沢山の猫を飼っている場合などに起きる病気ですので、衛生面に気を使っていれば、起きない病気です。

このダニは、猫の身体の中で一生を過ごすので、猫の身体から離れると死んでしまいます。感染すると激しいかゆみが起こり、脱毛や皮膚の肥厚、かさぶたなどが見られるようになります。

人への感染もたまにおこることがありますが、イベルメクチンという寄生虫用の薬を投与してもらうか、薬用シャンプーで洗うだけでも改善されます。

ダニは人間につくことがありますが、人間の皮膚で繁殖することはありません。
まずシャンプーで、体をきれいにしてから、獣医さんに頼んで殺虫剤の薬浴か塗布をしてもらいます。

●皮膚真菌症

体のあちこちに円形の脱毛がおこる皮膚病です。広がっていくと、フケのようなものが出て、人にもうつるので、早めの治療が必要です。治療には、抗生物質を内服して治します。