ネコを他のペットとも仲良く育てるために

ネコを他のペットとも仲良く育てるために

SPONSOREDLINK

猫を飼い始める前に、猫以外のペットを飼育している場合は、猫と慣らす努力をするか、隔離するようにしましょう。

●室内犬

シーズーやマルチーズ、ミニチュアダックスフンドなど、最近、室内で犬を飼う家庭が増えています。

新しい猫とすでに飼われている犬を同居させる場合、子猫のときから慣れるようにしむければ、犬とのトラブルはあまりありませんが、成猫と犬を突然同居させるような場合は、気をつけないと、どちらかが怪我をする恐れがあります。

猫と犬が対決姿勢になったりすると、猫は攻撃上手で、犬の鼻や目を爪で引っ掻くことがあり、犬にダメージを与えます。犬の中には猫嫌いな子もいますが、犬も猫も家族として大切に育てたいなら、お互いが少しづつ慣れていくようにしむけてあげれば、犬小屋で猫がくつろいで寝ていて、犬はその周りでお昼ねしているといった光景が見れるようになります。

慣らすときは、お互いを対面させてみて、どちらかが威嚇の体制を取ったらお互いを離すということを繰り返しているうちに、だんだんお互いが慣れてきます。
どうしても慣れない場合は、もう諦めるしかありません。その場合はお互いが同じ空間を共有しなくて良いように離しておくしかないようです。

SPONSOREDLINK

●金魚

猫はとても悪戯好きで、金魚鉢の中の金魚を捕まえようとします。猫と金魚が仲良しになる事は不可能なので、必ず金網やガラス板を置いて、猫の悪戯防止をしましょう。

●小鳥

鳥カゴの中の鳥はよく動きます。猫にとって、鳥の動作は格好の遊び道具です。鳥かごに飛びついたり、隙間から、前足を入れて捕まえたいようです。鳥カゴは猫の届かない高い所に置くか、猫が入れない別の部屋などにおいて、猫の被害を被らないようにしましょう。

室内で放し飼いの鳥がいる場合、猫の狩猟本能がかりたてられ、なんとかして鳥をつかまえてしまいます。猫が居る家庭では、鳥の放し飼いはできないと覚悟してください。