ネコに与えてはいけない食品

ネコに与えてはいけない食品

SPONSOREDLINK

なかには命取りになる食品もあるので要注意

●※特に危険な食べ物(ネギ類)

猫に限らず犬にも与えてはいけない食べ物の筆頭はなんといってもネギ類です。
タマネギ、ネギ、ニラなどのネギ類には、アリルプロピルファイドが含まれており、このアリルプロピルファイドは、赤血球を破壊し、血尿、下痢、嘔吐、発熱、溶血性貧血やハインツ小体性貧血を起こす可能性があります。

猫の方が犬に比べると危険性は少ないと言われていますが、急性腎不全などを起こす事もあるので決して与えないように注意してください。

直接ネギを与えなくても、食材に含まれている場合もその危険性は変わらないので、ネギ類の混ざった食材は決して猫に与えないようにしてください。

その他には、チョコレートやココアなどのカカオ類も与えないようにします。カカオの成分のデオプロミンは、中枢神経を刺激して興奮物質になり、血圧の上昇や不整脈、心拍の上昇や興奮、けいれん、嘔吐、下痢などを起こす危険性があります。

急性心不全を起こすこともあるので、与えないようにしましょう。

SPONSOREDLINK

●肉や魚の骨
魚の骨は固く、消化されないので、胃を傷つける可能性があり大変危険です。絶対に与えないようにします。

●熱いもの
猫舌と言われるくらい、熱いものは嫌いますが、丸飲みにする場合もあるので気をつけてください。

●イカ・えび
昔から猫がイカを食べると腰をぬかすと言われています。猫によっては数日歩けなくなる子もいますが、何ともない子も居ます。嘔吐することもあります。生命の危険はありませんが、するめなどを与えないように、またエビにも同様の効果があるようなので、気をつけてください。

●アワビの内臓
耳が落ちるという言い伝えがある程です。光線過敏症の原因となり、耳に炎症を起こします。

●生肉
昔は豚肉の生は絶対食べてはいけないと言われていた時期があります。これは人間に対してでしたが、猫も同じでした。しかし、近年、豚肉から細菌が検出されることは、日本ではなくなりましたので、安全な食材とされています。

しかし、なま肉を猫に与えるのは、消化不良を起こす事があるので、避けた方が良いでしょう。