キャットフードの種類について

キャットフードの種類について

SPONSOREDLINK

キャットフードは安くて栄養満点の総合栄養食

猫の食事を毎回手作りで与えるというのは、カロリーを考えたり、バランスを考えたりとたいへんです。手間もかかるし、材料が高いといって買わないわけにもいかないので、掲載的にも不安定です。

それに比べれば、栄養バランスを考えてつくられているキャットフードは、手間もかからず、簡単でいて、日持ちがするので経済的にも衛生面からも安心して与える事ができて便利です。

猫に必要な栄養量を定めたのが、全米科学アカデミーの栄養基準量ですが、この基準量を満たしたキャットフードには「総合栄養食」という表示がついていますので、これを確認してから購入しましょう。離乳期の子猫用や、老猫用のものも有り、猫の成長段階や体の状態に合わせたキャットフードが選べます。

猫は、結構食事の好みがうるさく、同じキャットフードを与えたとしても、見向きもしない猫もいれば、夢中で食べる猫もいます。素材や味の異なるたくさんの種類があるので、いろいろ試して、好みのキャットフードを探してあげましょう。

キャットフードには、ドライライプ、半ドライタイプ(セミモイスト)、ウエットタイプがあり、やわらかい缶詰やレトルトなど、数種類があります。

SPONSOREDLINK

さまざまなキャットフードには好みもわかれる

●ドライタイプ
水分が約10%以下に抑えられているドライフードは、カリカリとしたビスケットのように焼き上げられた固い人工栄養食です。栄養価が高く、猫の歯に歯垢がつきにくいという特徴があり、便の状態を安定させます。ドライタイプなので、近くには必ず水を準備してあげてください。

●セミモイストタイプ
セミモイストタイプは、ドライタイプとウエットタイプの中間のタイプで、水分は25%~35%程有り、ドライよりも柔らかめの人工栄養食です。柔らかいので、子猫や老猫には食べやすいでしょう。ドライフードの次に日持ちがいいものです。

●ウェットタイプ
水分は75%以上含まれていて、缶詰やパウチ、アルミトレイです。肉や魚の身がそのまま入っているものや、ペースト状に混ざったもの、スープのようになったものもあり、猫の好きなさまざまな香り付けがなされているので、よく食べます。

開封後は冷蔵庫でも1日程度しか保存できないので、早めに与えるようにしましょう。

●缶詰
缶詰は、肉や魚など天然の素材に栄養を加えたもので、水分約75%。殺菌処理がされているので、衛生面、保存性も安心です。ただし、缶詰は開缶すると酸化が始まるので、開缶後は、密封容器に移し替えて冷蔵庫に保管するのが安全です。

また、猫に与えても食べ残してしまった場合も必ず冷蔵庫に保管し、次の食事時間に与えます。それでも食べ残す場合は捨てて、また新しいものを与えてください。