ネコと生活するための部屋づくり

ネコと生活するための部屋づくり

SPONSOREDLINK

ネコは基本的に寒がりなので日光浴ができるあたたかい部屋が好き

猫は寒がりです。日光浴ができて各部屋へ自由に出入りするのが大好きです。できれば各部屋にも出入が自由にできるような工夫をしてあげたいものです。
猫を連れてくる前に、猫の暮らすのに快適な部屋かどうかをチェックしておきましょう。

猫は日なたぼっこが大好きです。太陽光線に含まれる紫外線は、いろんな病気から身体を守ってくれます。日光浴のできない環境の猫は病弱になったり、元気がないということが多いので、日光浴のできる場所を確保してあげましょう。

自由に外へ出入りできる環境で飼育されている猫は、気ままに気に入った場所で日向ぼっこができますが、マンションなど飼われている猫は外出することが難しいので、太陽の光が当たる場所や出窓などを、猫の日向ぼっこの場所にしておいてあげると、必要なだけ、好きなだけ、猫は自分で日光浴ができて快適に過ごせることになります。

猫は好奇心が旺盛で、あちこち歩き回り、自由気ままにお出かけすることが大好きですから、ドアや襖がしまっていると、なんとかして開けようと試みます。爪でひっかいてしまい傷をつけることもあるので、家の中で飼う場合は、各部屋に猫の通れる出入口を確保しておいてあげると被害が少なくなります。

SPONSOREDLINK

トイレは見えないところに。ベッドはいつもの場所に。

トイレ、ベッド、食事の場所は、猫の生活に欠かせない大切な場所です。これらの場所を猫がしっかり覚えてしまうと、やっと猫にとっての我が家になり、安心して生活することができるようになります。トイレの場所は、落ち着いて用足しができるように、人の動線から外れた静かな場所に設置してあげましょう。

●ネコのトイレ

トイレで用足しをした猫は、その部分を丁寧に砂をかけて隠します。トイレの場所が決まったら、あまり移動させないようにします。砂をかける時に砂がトイレから飛び出してしまうこともあるので、まわりにも新聞紙などをしきつめて、掃除がしやすいように工夫してください。

猫は一度使用した砂の上に、また用を足すという行為は行わないので、トイレが汚れていたらこまめに砂の入れ替えをしてあげて快適に用足しができるように心配りをしてあげてください。

●ネコのベッド

猫は自分の寝る場所を、あちらこちらと気ままに移動しながらくつろいでいます。猫の好きな寝場所は、光の射し込むあたたかな場所だったり、ふかふかのカーペットの上や、人が寝ている布団の中だったりします。

特に人の寝ている所に潜り込んでくる猫はとっても可愛いものですが、お布団をよごしたり、引っ掻いたり、睡眠を妨げられたりすることもあるので、それが気になる人は、猫専用のベッドをつくってあげそこで寝るように最初からしつけるようにすると、自分の寝場所はここだと決めて、いつもそこで休むようになります。

ベッドの場所を一度決めたら、あまり頻繁に移動させないようにしないと、自分の場所だという認識が薄れてそこで寝てくれなくなる事もあるので、移動はなるべくしないようにしましょう。

●ネコの食事場所

食事場所の決定にはあまりこだわる必要はありません。但し、一度決めたら同じ所で与えるようにしたほうが良いようです。お腹がすくと、決められた場所待っていたりするもので、「お腹空いたの?」と声をかけると、ニャーと答えてくれたりします。
また、食器の周りはいつも清潔にしておけるような工夫も必要です。