飼う前に健康状態をチェックする

飼う前に健康状態をチェックする

SPONSOREDLINK

キチンと健康状態が良好なネコを見分けよう

●バッチリ綺麗な目

健康な子猫の見分け方としては、 まず目、耳、鼻に注意してみましょう。
拾ってきた猫や、迷い猫が病弱で、看病しているうちに、たまらなく可愛くなった、なんてこともよくあります。元気になってくれたらもう可愛くて手放せなくなり、飼い猫になってしまうことも多いものです。

しかし、初めて猫を飼う人には、飼いやすさという点で、やはり健康で元気な猫が一番です。健康な猫を求めるためのチェックポイントを確認してみましょう。

●目をチェック

人間同士も始めて会う人のチェックポイントは目です。目が澄んでいてきれいな人には好感を抱くものです。猫も同じで、輝きがあって、奇麗な目をしていることを確認しましょう。

涙がうるんでいたり、目ヤニがついていたり、目の端が黒く汚れていたりしたら、目の病気だけでなく、体調不調ということもあるので、よく観察してから決定してください。

●耳をチェック

汚れや黒くなっていないもの。不快な臭いはないかをチェックします。耳アカが多かったり、黒く汚れた耳をしている子はダニが発生していたりして、病弱なこともあるので注意する必要があります。

●鼻をチェック

起きているときの猫は健康なら鼻の頭は適度な湿り気があります。鼻水が出ていると風邪を引いている可能性あります。鼻がかわいているのも要注意です。ただし、起きてすぐの猫の鼻は乾いているのが普通ですから、しばらく遊んでみたりしてチェックしてください。

歯や歯周もチェックしましょう。ピンク色でひきしまった歯茎が健康な証拠です。歯茎が白っぽくなっていたり、口臭が強すぎないかもチェックします。歯がはえている猫なら、歯のかみ合わせもチェックポイントです。

SPONSOREDLINK

●お腹とお尻をチェック

お尻の部分がただれていたら下痢をしていると思ってください。
下痢はお腹に虫が居たり、腸に異常があることもありますから、要注意です。

お腹をさわってみて、適度にはりがあり、しまっていてちょっと固めなのが、健康なお腹です。膨れすぎていたり、フニャフニャと柔らかいのは、内臓の具合が悪い場合があります。

体重にも気配りをしましょう。抱いてみて、予想以上に重く感じた場合は肥満しているかもしれません。ちょっとだけ固太り、がっしりした感じの猫を選びましょう。

●子猫の動きをチェック

子猫はいつも眠っています。ご飯の時だけは元気に動き回り母猫のお乳をさぐったり、餌を探したりします。生後1ヶ月を過ぎると足腰もしっかりして行動半径もひろくなりますが、やはりいつも眠っているものです。

●毛並みをチェック

健康な猫の被毛は、つやがあり、輝いています。全体に艶がなく、毛がところどころ抜けているのは、皮膚病かもしれません。ただし1度シャンプーをしたら見違えるようになることもありますから、汚れなのか病気なのかをきちんと見分ける事が大切です。

好奇心旺盛なのが子猫の特性です。動くものには、何にでも興味を示し、おもちゃで遊んだりおいかけたり、元気いっぱいに動き回ります。
あまり動き回らない猫は病気を疑ってみる必要があるかもしれません。